babaリズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--

ヒュワ~ンとした音

今日は最近東京へ越してきた友人宅の手伝いに行って、
一日とっても良い仕事をして、私は満足です。

井の頭公園が近かったので、夕方頃ギターを連れて行きました。
今日も唄ってる人がたくさんいたので、それを聴きながら、
唄い方って本当に人それぞれで色々だなぁと思いました。

以前は唄い方についてあまり深く考えていなかったので、
前のCDとか聴くと、一生懸命唄ってはいるんだけど、それでいいのか?って思ってしまいます。
その時はそれでいいって思って唄ってたから仕方ないんですけどね。
今聴くと全然しっくりこないというのが、ちょっと恥ずかしさではあります。
まぁでも、そういうのはどんどん変わってきてしまうものなんですかね。
ずっと前に作った曲を今唄う時って、やっぱり違った感じになってるんですかね。
あまり意識しなかったのでよくわかりませんが。

個性的な唄い方の人はやっぱり人を惹きつけるし、それだけで素晴らしいオリジナリティとして認められます。
上手い下手ではなく、そういう人は十分魅力的な唄い手なのです。
私が思うに、それに加え自然体であるということが重要です。
変に感情込めようとし過ぎてて、思わず聴いてる側が引いてしまうというのもよくあることです。
でも唄に感情を込めるのは当たり前なので、それが自然にできるというのがやはり一番良いことだと思います。
とはいえ、私なんかはカラオケだとめちゃくちゃ感情を込めて唄います。
でもそれはカラオケだから可笑しさがあるわけで、
一緒にいる人たちには、どうかその辺を楽しんでもらいたいと願っての行為なのです。
って、単に自分が楽しんでるだけなんですけどね。

最近色んなジャンルの人の唄い方を見ることが多いので、そんなことを考えました。
昨日、ブルースというか、カントリーというか、そういうのを弾き語ってる女性の演奏を見ましたが、
とにかくギターが上手くって上手くって、思わず私も初めてスライドバーを買ってしまいました。
スライドバーというのは、ブルースとかカントリーギターでよく聴く、
あのヒュワ~ンとした音を出すための、筒状になった金属の棒なんですが、
200805182302000_convert_20080519000552[1]
↑こういったものなんですが…、見えますか?

何指にはめるかも分からない状態で、見よう見まねでギターを爪弾いてみましたが、
これでブルースのコードを弾くだけで、大変良い気分になれるというのが面白いところです。
昨日見た方みたいに弾けたら良いなとは思いますが、かなりの熟練の技とお見受けしたので、
私が人間として味わい深く年をとる頃までには習得しようと思います。

というわけで、一言で音楽をやるといっても、
唄にしろ演奏にしろ楽器にしろ、とにかく非常に奥深いものであることを改めて感じ、
楽しみは尽きないなぁ~と、また気持ちが温まりました。
  1. 2008/05/19(月) 00:58:44
<<一日 | ホーム | ふとした言葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://babarhythm.blog99.fc2.com/tb.php/112-3feb436b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

babaリズム

Author:babaリズム

Live Information

2013.4.28(Sun) @阿佐ヶ谷 Next Sunday

OPEN 18:30/START 19:00

ALPLAYER

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

未分類 (254)
動画 (13)

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。