babaリズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--

たいやき仙人

明日は4月9日で(フォークの日)だそうです。
みんなでフォークソングを唄おうじゃないかという日らしいです。
昨日連れられて行ったところがなぜかこてこてのフォーク酒場でした。
しかもお店の人は仙人のような風貌ときており、その雰囲気にドギマギしたのは言うまでもありませんね。

私は一人で弾き語りをすると言っても、昔のフォークソングを好んで聴いたりするほど渋くないです。
憂いのある曲は好きですが、どちらかというと歌謡曲みたいな方が聴きやすいです。
ただ、駅前で唄っていたりすると、酔っ払ったおじさんがリクエストして下さるわけです。
「拓郎を歌いなさい」、だとか、「カルメン・マキ」だとか。
私もすぐ唄えれば最高なんですが、なにしろ普段聴いてないのですから難題です。
日本のフォークソングといっても多分いろいろあるんだと思いますが、
独特のもの悲しい旋律、最後まで切な過ぎる歌詞、曲全体がかもし出す貧しさと若さ。
おそらくそれを理解する土台が私には足りていないだけだと思うのですが、
何とも言えない虚無感や絶望感を感じてしまって、私が唄うなんてどうにも恐れ多いのです。
(大体酔っ払ったおじさんの言うことはこちらも同じくらい適当に聴いてしまうので、
いつだって応える気ゼロだったんですが…。)

でも、そのフォーク酒場のライブは素晴らしかったです。
「大坪良一さん」というアーティストが素晴らしかったからこそだと思いますが、
とても謙虚な方で、オリジナルだけでなく、ポピュラーなフォークソングも弾いてくれて、とにかく上手すぎました。
「なごり雪」なんて今の季節、特に心に染み入るようだったし、遠藤賢司の「カレーライス」も聴けて嬉しかったし、
あと、河島英五の「生きてりゃいいさ」って曲も初めて聴いたけど良かったです。
お客さんが、「か~っ!!いいね!」って悶えながら聴いてました。
不思議な光景ではありましたが、実に幸せそうで、心地よさそう。
それを見てるだけで、こちらも本当に特別な場にいる気がして楽しかったです。

名曲と言われている曲はやっぱりいつまでも素晴らしい。
先日も、久々に友人と外出した先の駅前で唄ってたら、たいやきをくださった方がいて、
ふと「およげ!たいやきくん」を唄ってみたら実に名曲だということに気付き、感動しました。

唄いたい曲がいっぱいあります。
いっぱいあるけど、自分ではとても唄えない曲もあるし、唄うことでもともとの良さを壊したくない曲もあります。
でも、いつか色んな曲を気持ち良く唄えるようになりたいです。
  1. 2008/04/08(火) 23:28:09
<<瞬間 | ホーム | 焦るな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://babarhythm.blog99.fc2.com/tb.php/103-fecd38a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

babaリズム

Author:babaリズム

Live Information

2013.4.28(Sun) @阿佐ヶ谷 Next Sunday

OPEN 18:30/START 19:00

ALPLAYER

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

未分類 (254)
動画 (13)

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。