babaリズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--

悲しき日本人

もうすぐ5月も終わりですね。一ヶ月ってほんとあっという間です。
近頃は心ここにあらずでもなく、むしろはっきりと目の前が見えていた気がするので、
ただボーっと夕焼けを眺めるなんてこともしてないなぁ、と急に思いました。

私にはとても大事なことです。
悲しき日本人達は、もっとボーっとする時間を作るべきだと思いますけどね。
世間とか風潮とか、とにかくパターン化されてるものに流されてるだけでは世の中もっとひどくなる。
わけもわからず何かおかしな事柄や流行りに流されてるくらいなら、
海を眺めて物思いにふけってみた方がよっぽど良いかもよって、言いたくもなります。

私は政治のことをあまり知らないので、社会というより、大衆に憤りを感じることはよくあります。
でもそれは私達の住んでるこの社会がもたらす風潮であると言えるので、
政治のことなんて何も考えていないっていうフリをしてたらいけないんですよね。
実際は一人一人がもっと色んなこと考えてるはずなんです。

そう、そんなことを話合う時間だって私達には必要なのです。
というわけで、気付けば為になる会話が繰り広げられている、そんな今日この頃です。

えっと、新しいCDを早く聴いてもらいたいけれど、いつもながら反応が今から楽しみであり不安でもあり。
何曲かはMySpaceとかALPLAYERで聴いて頂いてるかもしれませんが、
実家にいる家族にはすでに一つのCDとして聴いてもらってます。
それぞれの感想がおもしろくって、
父親は、「タンバリンが上手い」とか「口笛が上手い」とか、普段誉められる機会の無い部分をあえて誉めてくれます。
でも肝心なところについては「声がちょっとなぁ…」という、いつも通りの反応でした。
どうもありがとう。
母親は「鳥」という曲を、「この曲がこのアルバムを象徴してる」と言います。
素晴らしい感性の持ち主だとは思っていたけれど、
曲調的になかなかピンと来にくいだろうというこの「鳥」をピンポイントで挙げるとは。
嬉しいより驚きと謎が深まりました。どうもありがとう。
ちなみに、この曲の音源にはベース音を入れたんですが、帰省した時に兄のベースギターを拝借して弾きました。
楽器を弾くところなんて一度だって見たこと無かったんですが、
何年か前にいきなりベースを弾き始めた、そんな兄もbabaリズムにささやかに協力してくれてるということです。
どうもありがとう。

皆さんにはどんな反応をしてもらえるのか、とにかく楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 21:50:08

kisetsu

一昨日から風邪をひいてました。
眠いのに横になろうと起きていようとひどい頭痛で眠れなくて、痛くて眠くて泣きました。
風邪ひいた私が言うのもなんですけど、皆さんもどうか気を付けて下さいね。
最近暖かくなってきたし、季節の変わり目は体調を崩しやすいですからね。

季節。
新潟っ子の私はやっぱり雪景色が一番綺麗だと感じます。
だから冬が好きです。
というか、冬を越すのが好きです。
たくさん積もってた雪がとけて、花が咲き始める季節はとっても幸せな気持ちになります。
でもそれは私が新潟にいた頃の話で、今じゃそんなに雪も積もらなくなったと聞くと少し寂しい気がします。
関東に来てからは今頃の季節が一番気持ち良いなって感じます。

季節。
「『babaリズムの季節』の曲を四季に当てはめるなら…」って、つい最近友人と話してて、
大半が秋と冬だと思ってたんですが、春っぽい曲も夏が似合う曲もあって、
あぁ、季節はずれでもないな、ってホッとしました。

「Silent night」は「冬」。
「秋風」は「秋」。
ここら辺はそのままで正解。

「旅の支度」は「春」。
「蜃気楼の街」は「夏」。
なるほど~、そう来たか、という感じですね。

「虹色ラビリンス」は「全部」。
「青と白のワルツ」は「宇宙」。
この辺はちょっとわかりにくいんですね。

と、そんなイメージ遊びをしながら、CDのデザインのことなどを考えています。
まだ詳細は言えないけれど、今回すごく良い感じになりそうでワクワクしてるんです。
私は絵を描く才能があまりないので、尊敬する友人がとても頑張ってくれています。
皆さんに早くお見せしたい。
まだ見ぬ人達にも聴いてほしい。
頭の中はそんな思いでいっぱいです。
  1. 2008/05/29(木) 00:51:55

天使の歌声

東大の五月祭に友人と一緒に行ってきました。
そこで行われた無料の音楽イベントを見るためです。
大好きな湯川潮音さんがやってくる。
これは見なくてはと早起きだってしました。(と言っても九時過ぎ起床なんですが。日曜にしては。)

赤門をくぐって、一気に学祭ムードが押し寄せてきました。
ちょっと圧倒されてしまいそうだったので、逃げるように会場にそそくさと向かいました。
学祭や渋谷や、若者の熱気が漂う場所は本能的に逃げ腰になってしまうんですね~。

雨のため少し登場が遅くなっていましたが、生の潮音ちゃんの唄声は素晴らしかった。
ギターと唄だけの弾き語り。
あんなにきれいな声を目の前で聴くなんて、ほんとに初めてです。
唄い始めたその瞬間に、胸にグッと湧き起こる喜び、幸せ。
あぁ、なんだか私、淡々としか書き表すことができないけれど、すごくすごく感激でした。
目の前がパァ~っと光り輝くような恍惚感でいっぱいでした。

あっという間にライブの時間が過ぎてしまった後、
toiletに立ち寄った建物の中に潮音ちゃんがいました。
車に乗り込もうとする潮音ちゃんにどうしても声をかけたくって、もじもじドギマギする私と友人。
あまり覚えていないくらいだけど、友人が声をかけて、潮音ちゃん、「ありがとう」と言ってました。
私は何も言葉にならなくて、たぶん深いお辞儀を2回ほどしてました。
手を振ってお別れした場面だけが頭に焼き付いています。
あぁ、本当にお人形のように可愛らしい方でした。
それでいて、ライブ中は物怖じしないプロのオーラが漂ってて、かっこいい。

感激に浸って、歩き疲れて、家に帰って寝不足の頭を休めようと少し眠りました。
ここ最近の寝不足で頭が痛いのかと思ったんですが、だんだんと痛みがひどくなる。
でも今日はとっても幸せだったなぁ。
もう一度ゆっくり浸りながら眠りにつこうと思います。
  1. 2008/05/26(月) 00:29:06

はじめまして

私の曲を新たに誰かに紹介するとしたら。
っていうところで、こないだ作ってみたCDが『はじめましてのbabaリズム』と言うのですが、
今まで作ったCDから(次の3枚目のCDも含めて)2曲づつ選曲して、1枚にまとめてみました。
1枚目は親しみやすさ、2枚目は涼しさ、3枚目は心地良さ、
そんなのをイメージして選曲してみました。

『babaリズム』
ギターガール
新宿 in the night

『babaリズムの森』
君を探す
森のブランコ

『babaリズムの季節』
蜃気楼の街
お迎えの駅

あと、カバー企画から、
『うたっていいね』
Hey Now

200805222240000.jpg


選曲もなかなか難しいものです。
これを何枚かCDにして、先日本当に久々に突然に戸田公園で唄ったんですが、
4人、買っていって下さった方がいました。
本当にどうもありがとうございます。

単に自分が気に入ってる曲を選ぶというわけにもいかず、
こういった自己プロデュース的な作業は、意識の面でもちょっと特別なことです。

そんなわけで、またしても今までの曲を思い起こすきっかけとなったこの『はじめましてのbabaリズム』。
やっぱり「ギターガール」は本当に良い曲だ、とか、
「丘の上」のあのフレーズは素晴らしい、とか、
「Road Movie」をみんな聴いてくれ、とか、
なぜ「流れ星」はこんなに泣けてくるのか、とか、
そんなことを思ったら、私がbabaリズムでやりたかったことの根源がもう少しはっきりしてきました。

人にはあまり理解されないように思えた私の感覚。
誰もがふと見落としてしまいそうな感情。
「こうでありたい」という理想。
そういったものが今でも自分の心に突き刺さってくる曲は何曲もあって、
当時の意識とか情熱が一気に蘇ってきました。

私は、現時点で抱いている気持ちのことを唄にできたらといつも思ってて、(今日もそうでしたが)、
もし、それをしなかったとしても、これまで作ってきた歌を唄えるという行為がどれだけ自分にとって誇らしいことだったのか。
そんなことを思いました。
  1. 2008/05/22(木) 23:57:45

一日

一日で色んなことがありました。
体も心も時間によってたくさん変化したし、
耳も目も鼻も色んなものを取り込んだし、
頭の中で流れる音楽も次々に変わっていきました。
今日はそんな日。

朝、ニュースを騒がせてたサザンの活動休止。あぁ、それから一日が始まった。

色々あったけど、今日という日があって本当に良かったと思えます。
  1. 2008/05/20(火) 00:09:34

ヒュワ~ンとした音

今日は最近東京へ越してきた友人宅の手伝いに行って、
一日とっても良い仕事をして、私は満足です。

井の頭公園が近かったので、夕方頃ギターを連れて行きました。
今日も唄ってる人がたくさんいたので、それを聴きながら、
唄い方って本当に人それぞれで色々だなぁと思いました。

以前は唄い方についてあまり深く考えていなかったので、
前のCDとか聴くと、一生懸命唄ってはいるんだけど、それでいいのか?って思ってしまいます。
その時はそれでいいって思って唄ってたから仕方ないんですけどね。
今聴くと全然しっくりこないというのが、ちょっと恥ずかしさではあります。
まぁでも、そういうのはどんどん変わってきてしまうものなんですかね。
ずっと前に作った曲を今唄う時って、やっぱり違った感じになってるんですかね。
あまり意識しなかったのでよくわかりませんが。

個性的な唄い方の人はやっぱり人を惹きつけるし、それだけで素晴らしいオリジナリティとして認められます。
上手い下手ではなく、そういう人は十分魅力的な唄い手なのです。
私が思うに、それに加え自然体であるということが重要です。
変に感情込めようとし過ぎてて、思わず聴いてる側が引いてしまうというのもよくあることです。
でも唄に感情を込めるのは当たり前なので、それが自然にできるというのがやはり一番良いことだと思います。
とはいえ、私なんかはカラオケだとめちゃくちゃ感情を込めて唄います。
でもそれはカラオケだから可笑しさがあるわけで、
一緒にいる人たちには、どうかその辺を楽しんでもらいたいと願っての行為なのです。
って、単に自分が楽しんでるだけなんですけどね。

最近色んなジャンルの人の唄い方を見ることが多いので、そんなことを考えました。
昨日、ブルースというか、カントリーというか、そういうのを弾き語ってる女性の演奏を見ましたが、
とにかくギターが上手くって上手くって、思わず私も初めてスライドバーを買ってしまいました。
スライドバーというのは、ブルースとかカントリーギターでよく聴く、
あのヒュワ~ンとした音を出すための、筒状になった金属の棒なんですが、
200805182302000_convert_20080519000552[1]
↑こういったものなんですが…、見えますか?

何指にはめるかも分からない状態で、見よう見まねでギターを爪弾いてみましたが、
これでブルースのコードを弾くだけで、大変良い気分になれるというのが面白いところです。
昨日見た方みたいに弾けたら良いなとは思いますが、かなりの熟練の技とお見受けしたので、
私が人間として味わい深く年をとる頃までには習得しようと思います。

というわけで、一言で音楽をやるといっても、
唄にしろ演奏にしろ楽器にしろ、とにかく非常に奥深いものであることを改めて感じ、
楽しみは尽きないなぁ~と、また気持ちが温まりました。
  1. 2008/05/19(月) 00:58:44

ふとした言葉

やりたいことが一つあると、それに付随するたくさんのことが見えてきます。
やるべきこと、やれること、やれそうなこと、やってみたいこと、知っておくべきこと。
今の世の中は色んな魅力的なものや楽しいことで溢れているので、
やりたいことを一つに決めるってなかなか難しいことだなぁと常々思います。

私の場合、ここ何ヶ月間は「新しく出来た曲達を素敵にしてあげたい」という思いだけで過ごしてきたので、
録音が終わって数週間経って、今ようやく「音楽で表現できる人になりたい」っていう、
そんなシンプルな気持ちを取り戻した気がします。
その気持ちを取り戻すきっかけは今年に入ってから色んなところにあったのに、
「とにかく今は」の気持ちが優先して、色んな事柄を素直に受け入れられなかったような気がします。
近しい言葉も、遠くの言葉も、なんだか全てが自分を無性に焦らせるものになってしまってて、
シャットアウトしては勝手に焦り、そんな日々もいくらか過ごしたな~と遠い目で思い返します。
今はもう、会話の中のふとした言葉でさえ私には格言に思えます。

私は話をするのが下手なので、気持ちを表現するとか、上手くコミュニケーションをとるとか、
そういったことが自分にとってはなかなか難しいことなんだと、
26年の人生を振り返ってみたらどうしても思ってしまいます。
無理をしたり、間違ったり、カッコつけようとしてみたり、そんなのも沢山ありましたけどね。
だからこそ、音楽は私にとって気持ちやイメージを表現できる数少ない、いや、唯一かもしれない伝達手段なのです。
そんな風に思うことができたんだから、やっぱり今の状態は私の人生において、とっても大切な気がします。
嬉しいです、すごく。

やりたいことはそれ。
やっと思い描けた自分になりたい。
多くのことが見えてきて、ちょっと気持ちが追われてしまうこの感じも、なかなか良いと言えます。

そんなわけで、今、頭の中にある言葉は、
「色んなことを見落とさないで、それでいて自分を見失わないで、日々を過ごそう。」
これも『ふとした日常会話における格言』からの引用なんですけどね。
  1. 2008/05/17(土) 02:45:47

鉛筆かペンか

ブログをなかなか更新できなくって、またしてもすみません。

ブログと言えば、私は時々、何を書いたら良いのかわからなくなってしまいます。
書くべきことがたくさんあるような、いや、むしろ書くことはないだろう、いや、あえて書いちゃえ、とか。
結構難しいです。まぁ、それはbabaリズムとしてだからですけどね。

ということで、今がその何を書けばいいのかわからない状態なのですが。
あ、MySpaceって知ってますか?
アマチュア、インディーズ、メジャーなミュージシャン達の情報が知れるサイトなんですが、
babaリズムも最近登録してて、一応私もMySpaceを持っていると言えるようになりました。
なんかまだまだ活用できてないんですが、それは後々。
とりあえず今は曲がALPLAYERよりも聴けますので、良かったら見てみて下さい。
右のリンクから見れますので。〈babaリズム MySpace

え~と、日々のことで言えば、
ここ最近は平日も含め外に出ることが多くて、家で心ゆくまでリラックスできる時間が少ないのですが、
なぜか連日お酒を飲んで帰ってきてしまうので、睡眠時間が足りない気がします。
決してお酒が目的ではないんですけどね。しかもなぜか中央線沿いで飲んでいる。
高円寺では久々に記憶がちょっと飛んでしまうほど飲んだみたいです。
前はよくそういうこともあったんですが、お酒は強い方だと思うので次の日も結構平気です。でも睡眠不足。
だけど音楽とお酒を楽しめてる時ってやっぱり嬉しいです。

あと、内面的なことで言えば、
babaリズムを始めてもうすぐ一年が経ちます。
ちょうど、去年の今頃は自分が納得できる曲を増やそうと頑張ってた時期です。
私にしてみればまだ一年なんだなってくらい、すごく精神的に充実した毎日でした。
得たものはたくさんあるけれど、新しい自分がどんどん見えてきて、
それに毎回驚き、とまどい、そんなのがとっても新鮮でした。
そう考えると、以前の自分はどれだけ良い人でいようとしてたのか、と思います。
もっと言えば、どれだけつまらない人間になろうとしてたんだろう、とヒヤヒヤします。
つまり、「これも私」と認めたくない自分をどれだけ知ったか、ということです。
それが曲に表れてるかは別として、作っていく過程でそういう自分が知れたのは、大変有意義なことだったと思います。
それについて日々考えることが最近は多いです。

自分の世界を持つということは、難しいようで、簡単なようで、当たり前なようで、一番面白い。
ベンジーはすごいなぁ。
夢のよう。
ほんとにいるんだなぁ。
あんなに素敵な世界を持っている人が。
  1. 2008/05/15(木) 01:32:08

曲を作りました

今日はふと曲ができました。
『babaリズムの季節』の13曲が歌詞の中に登場するという、そんな曲で、
タイトルはそのまま「babaリズムの季節」。
ちょっと面白いなと思って音源にしてみました。
ALPLAYERで聴けるようになってますので、良かったらちょっと聴いてみて下さいね。

ちなみに、インストで出来た「Sleeping dog」は違いますが、
曲が完成した順番で登場しているので、
秋頃からの私の振り返りの一曲です。


babaリズムの季節

木漏れ日の世界を通り過ぎてた季節の
残像を見つめながら私は年を重ねる

「逆さまの気持ちはもうここには要らない」と
綺麗なが連れてく 見たこともない景色へ

一番星を探して いつの間にか夜が更けた
秋風の帰り道で空に消えた流れ星

雨上がりの庭が喜びに溢れてるよ
こんな青い空の下 どんな風に過ごそうか

冷たい夜風には口笛が似合う
蜃気楼の街まで響き続ける

慰めや希望で今夜も街がきらめく
また電車は駅へ向かう きっともうお迎えの時間

虹色の涙をうつむき顔で隠した
サンタクロースが言う 「湖を見せてあげる」

月の光は白くて 波音は青く揺れる
隣で眠る野良犬 そんな夢を見てるみたい

旅の支度を終え あの子笑って手を振る
少し寂しくなったら雪に唄えばいいんだよ

ラララ… 季節が廻るなら
いつだって会いに行こう また一緒に遊ぼうよ
  1. 2008/05/05(月) 22:07:18

『babaリズムの季節』 曲紹介

「Silent night」
1曲目はこの曲!って出来た時から決めてたんですが、その座を他にゆずることもなく、良い曲に成長してくれました。
クリスマスソングを作ろうと思って作ってたんですが、思わず名曲になってしまったんじゃないかと、
いまだにゾクゾクしてます。

「鳥」
星に恋をした鳥、っていうイメージがふと浮かんで、それがすごくきれいに思えました。
babaリズムでラブソングなんて作る気は全然ない私ですが、
心に浮かんだこの鳥があまりに美しかったので、こんな曲になりました。

「青空の過ごし方」
空を見るのはとっても好きです。夕焼けも夜空も好きだけど、青空もすごく好きです。 
今も昔も変わらない、青空の心地よさにはいつだって寄り添っていたくなります。

「旅の支度」
こんな気持ちになるなんて。
私の中にはキキという女の子が住んでいます。二重人格とかそういう意味じゃないですよ。
私の子どもっぽい部分とかわがままな部分を投影してる存在。
とても素直なありのままの女の子がまた曲になってしまいました。

「流れ星」
人生は川の流れ、そして、旅のようなもの。ってよく言いますよね。
誰の心の中にも旅人が存在しているんだろう、そんなことをよく考えるんです。
私はこの曲の主人公である旅人を、いつだって探しているんだと思います。

「蜃気楼の街」
今聴くと、自分でもかっこいい曲だって思いますが、実はとっても繊細な曲なんです。
その時の自分の気持ちそのままの歌詞、メロディ。
君はそんなに前向きになりたいんだね、じゃあ私も!ってこの曲唄ってると励まされます。

「虹色ラビリンス」
曲調とは裏腹な繊細な感情を表したかったっていう面では、「蜃気楼の街」と似てると思います。
これはでも、もっと複雑化して、もっと煮え切らなくって、歯がゆい感じ。
自分ではどうにもならないことはこの世の中に多すぎる。
もしもこのままでいたとしたらそれって一体どうなっちゃうの?って誰もが思う不安。そんな曲です。

「秋風」
秋のイメージ。肌寒さ、切なさ、美しさ、優しさ、脆さ、果敢なさ…。
そういうのが好きだな~、って夏が終わった時にすごく思いました。
昔の映画を見てる時の雰囲気にしたかったので、そんな気分が訪れるのをずっと待って録音しました。

「雪に唄えば」
実はフレンチ・ポップを目指して曲作りをしてたんですが、出来てみたら全然違った。
メロディというか雰囲気重視で曲を作ってました。なので歌詞やタイトルはずっと後の方で出来ました。
こういう曲の作り方は最近あまりしてなかったので自分にとっては新鮮でした。

「Sleeping dog」
インストなんてちょっとカッコつけてるって思ってて、自分ではまずやらないと信じてたんですが、
一枚のCDになってくるにつれて必要不可欠な存在になってきてしまって、とっても楽しんで録音しました。
とにかく素朴な音が聴きたかったのです。

「木漏れ日の世界」
この曲は自分にとって大きな存在です。だけど一番難しい曲でもある。
ものすごく高い壁のように思える時もあるし、それこそ木漏れ日の光のように温かい時もある。
だからこそこの曲をいつまでも唄っていたいな、って思えるんです。

「青と白のワルツ」
この曲を作る直前(去年の12月頃)の私のキーワードが青と白。
そしたら偶然、友人が青い星と白い星の物語を書いてくれました。
それに触発されて、メロディと言葉がどんどん浮かんできました。
まさに、こういうものが作りたかった。
物語を読んだ時に、曲が完成した時に、そう思いました。

「お迎えの駅」
このブログでも以前書いているんですが、
私がよく唄いに行ってた戸田公園駅でお会いしたご夫婦がこの曲のモデルなんです。
お仕事が忙しい旦那さんを毎日終電の時間にお迎えに来ていた女性。
なかなか会えない、二人一緒に過ごせない、そんな時間がたくさんあるけど、
駅までお迎えに来てなるべく一緒の時を過ごしたい。
その女性の明るい笑顔にはそんな気持ちがにじみ出てて、それがすごく私に幸せについて考えさせてくれました。
お二人が一緒に帰っていく姿もまた温かかったです。



私はこの『babaリズムの季節』すごく気に入ってて、それをどうにかお伝えしたいんですが、
もう、聴いて頂かないことには伝わらないものが多すぎて、
まだまだひよっこなこの私なんですが、ようやく「聴けば分かります!」って言いたい気持ちになりました。
なので、もう少し皆さんをお待たせしてしまうと思うんですが、
きっとお手元にお渡しできたその際には喜んで頂けるものになってると信じておりますので、
どうか待っていて頂ければと願っております。

babaリズム
  1. 2008/05/02(金) 00:46:05

プロフィール

babaリズム

Author:babaリズム

Live Information

2013.4.28(Sun) @阿佐ヶ谷 Next Sunday

OPEN 18:30/START 19:00

ALPLAYER

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリ

未分類 (254)
動画 (13)

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。