babaリズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--

好きなところ

電車に乗ると近くに知らない人が沢山います。当たり前ですけどね。
ゆとりがあったら一人一人、人間観察してみるのも面白いんですよね。
疲れてそうな人、日々が充実してそうな人、私と同い年くらいの女の子も。
(といっても、もう私も26才目前なので「同年代の女性」と言うべきかなぁ)

こんなことを思います。
「あぁ、これは東京の風景だぁ」
もしも実家のある新潟で暮らしてたら見ることもない光景だと、ふと感じます。

今はそんなに満員電車にはち合わせることもないですが、
東京の電車の中の風景は、一番東京っぽい。
色んな人がいて、様々な顔があって、様々な服装して、様々な年代で、それぞれの雰囲気を放っている。
それがとても自由で良いなぁ!って、上京した時に思いました。
私はずっと、都会に夢を描いてたありきたりな若者でしたからね~。
東京に出たら何でもいいから自分の幸せを見つけられるんじゃないかと、
高校時代、くるりの「東京」を聴きながら、望郷の念にさえ憧れを抱いたものです。
実際は、学校に通う、会社に通う、が生活の中心だったので、
そこまで思い描いた憧れとは違っていましたが。
でも、都会は文化的で、ハイセンスで、というそんな面に惹かれたんでしょうね。
あぁ~、田舎者ですよねぇ。

人や情報や手段が多い分、欲望と希望と、後悔と夢と、悩みと慰めも、
もう、何もかもが複雑に入り混じってるのが都会、っていうイメージがあるんですが、
そんな中、電車の中ってちょっと独特な雰囲気がある感じがします。
ふと素になってる、とか、演じてる自分が抜けきらない、とか、
そんなの何にも関係ない小学生がいるとか、外国人が観光にきてる、とか、
街に出るよりも、もっと素朴なカルマっぷりを見てるのが面白いです。
みんな今日も、色んなものを見て、色んなことを感じて、それを明日の糧にしたり、しなかったり。
あぁ、なんて自由なんだ、って思います。
時と場合によっては、なんて人間は可笑しいものなんだろう、ってちょっと元気になりますね。

今日は電車の中で録音した曲を聴き直したりしてたら、
都会に住む人達にとっては、私の唄なんてほんとに純情すぎてつまらないのかもしれない、
なんて、そんなことを思ってしまったんですが、それで良んだと思うためにもこんなことを書いたわけです。

そんなこと考えてしまうことだって、「フフ、可笑しい」、って思わせてくれる。
それが東京の電車の風景の良いところで、嫌いなとこだけど好きなところです。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/26(水) 00:41:46

楽あれば苦あり

ALPLAYERで「流れ星」と「秋風」と「旅の支度」が聴けるようになってます。
どうぞ、聴いてみて下さい。

あぁ、楽しみですね~。
あぁ、でも盛りだくさん過ぎる~。
面白いんです。曲をアレンジしていくのが。
自分のイメージを形に出来る。それってものすごく楽しいです。
「あぁ、お前はこういう奴だったね!」っていちいち言ってるところです。
拙い部分が多々あるということは承知の上ですが、
それでも良い。
やっと、この世に生まれてきた、という感覚で毎回感動を味わってます。

ただ一つショックだったことことと言えば、
今まで録音してきたデータが消えてしまったことです…。
録音→音のバランス調整→Mix Down
という作業があって、やり直したいと思っていたものが何曲もあるのに。
でも、仕方ない。自分が悪い。パソコンの調子が悪いのに色々いじってしまったんだから。

というわけで、そんな出来事も乗り越え、これからも頑張って良い音源を残していきたいです。
  1. 2008/03/22(土) 22:53:24

風がさわぐ夜は

花粉症かと思ったら風邪なんでしょうか。
今日は一日熱っぽかったので家に帰ってからすぐ寝て、さっき起きて、まだ眠気がやってこないです。

近頃くしゃみばっかりしてるけど、外にいる時に連続で何回もくしゃみしてるのも人目が気になるので、
我慢しようと顔を歪ませてばかりです。でもそんなところを見られることも人目が気になりますね。
自意識過剰ですかね。思いっきりくしゃみした方が自分も他人も気持ちが良いんでしょうか。

唄を唄うというのに花粉症だと思うようにいかないストレスがたまってきます。
そんな時、家にたくさん楽器があって、周りを気にせず、思う存分音を出せたらと思います。
ギターだけは狭い家に5本もありますが、たまには別の楽器をやってみたくなります。
私にとってはギター以外はあまり自由のきかないものだったりするのですが、
下手なりに音が出るものを楽しむことはできますよね。

録音作業をやっていると、やっぱりギター以外の音がほしくなってきてしまったので、
色んな楽器を手元に置いておきたくなりました。
鉄琴、マラカスは頂きもので持っています。あと、おもちゃのたて笛を自分で買いました。
ピアノ、打楽器、鈴、ハーモニカ、タンバリン…、小学校の音楽室を思い出しますね。
大人数で合奏とかやりたいです。ああいうの楽しいですよね。
当時はわけもわからずやってましたが、せーので音が合う楽しさとか、
友達のやけに真剣な表情とか、先生に隠れてふざけて遊んでみたりとか、
面白いところがたくさんありました。

素朴な音っていいなぁ。
  1. 2008/03/18(火) 01:17:52

one day

ALPLAYERを更新してますので、聴ける方はどうぞ聴いてみて下さい。

今日は一日録音に集中した日でした。
とても天気が良かったので、ちょっと外に出たすきにどこかへ行きたくなりましたが、部屋にこもっていました。
音源を2曲仕上げるという目標だったんですが、「流れ星」という曲に手こずってしまって、
結局、夜遅くになるまでそれに時間を費やしていました。

ALPLAYERで聴けるのは、今日頑張った「流れ星」と、
たまには弾き語り仕様の音源も残しておきたいという思いから、
雨上がりの翌日の晴天だったので、一枚目のCD『babaリズム』から「雨の中のあの子」、
そして、昨日の雨を思い出して、桑田佳祐さんの「one day」。
どうぞ、お楽しみ下さい。
  1. 2008/03/16(日) 02:23:41

アフロヘアー

暖かくなってきたし、録音が終わったらやりたいことがたくさんあります。
のんびり浜辺でギターも弾きたいなぁ。また動画もやりたいなぁ。
ゲームもしたいなぁ、できるの二つくらいですが。没頭したいなぁ。
ほんとに、アフロヘアーだってしてみたい、だなぁ。

最近、自分の曲を一つ一つ振り返る機会がありました。
私は、babaリズムとして、ばばさとみとして、自分の作った曲はたくさん聴くようにしてますが、
その曲に対する気持ちってやっぱりどんどん変わってくるもののようですね。
今の自分だからこそ大きくクローズアップされて見えてくる感情とか、
客観的になって感じる曲の本当の切なさとか。今まで気付かなかったことを沢山発見できました。
まぁ、babaリズムとして聴くと、前に作った曲や音源は拙さの方が気になってしまうんですが。
だけど、素の自分になって聴くと、曲を作ってた時の楽しさとか、試行錯誤とか、
そんなのを知ってる分、余計可愛く思えてきちゃいますよね。
あ、でも、そういうのって気持ち悪いんでしょうか。いいえ、仕方無いですよね。

振り返ったり、反省もできたし、これから出来てくる曲が楽しみです。
今やってる録音にも、きっと良い影響が出るはずです。
と、今は強気でいいんです。弱気になってばかりじゃつまらないですからね。
  1. 2008/03/12(水) 00:45:48

透明

今日も花粉症がひどかったです。
目を開けてるのがつらいし、眠いし、今にも寝ちゃいそうでした。
昨日は天気が良かったので外で唄ったりもしたのに平気だったな、そう言えば。
なんですかね。でも花粉症なんです、きっと。

家で何も考えずにギターを弾くと落ち着くというのは、私のようなタイプの人には紛れもない事実です。
そういう時には曲にならないメロディを鼻歌や口笛や何かの言葉で口ずさんでます。
それから曲が出来ていったりもするし、しないで頭の中に留まることもある。
今は何かとっても曲にしたいような雰囲気があるんですが、まだはっきりとしていない。
ぼんやりとだけ姿が見える。
こういう時はとてもワクワクしますね~。
そして、こういう時は色んなことを自分の中に吸収したくなります。自然と。
大きなことだったり、特別なことだったり、そうでなかったりしますが、何か感覚が透明になる瞬間があります。
日常の何気ない言動や風景や感情が、すごくはっきりと自分の中に浸み込んでくるんですね。
とっても不思議な感覚ですが、これってすごく大事なことだと思います。
どんよりした霧の中では何が起こってもフィルターがかかってしまってて、
大切なことを見落としたり、傷つけたり、自分の気持ちや他人の気持ちが分からなくなってきてしまいます。
だから、感覚が研ぎ澄まされるというか、透明になる瞬間というのはとても大事。
そういう時に生まれてくるものって、きっとすごく純粋な自分の気持ちなんだと思います。

感覚を磨き続けるって難しいことなのかもしれないですが、鈍った人にはなりたくないものです。
  1. 2008/03/10(月) 23:41:09

眠気と戦う

今日は一日眠気と戦っていました。
でも今はピークを過ぎてしまったので、この内にできることをしようかと思ってますが、
ギター弾くのは危険なのでやめておくことにしました。楽しくなり過ぎて寝ないと悪いですもんね~。

昨日から完全に花粉症の症状が出始めてるので、今日は市販の薬を気休めに買ってきましたが、どうでしょうか。
今まであんまり効いたという記憶がないので、今年はちゃんと耳鼻科に行ってみたいです。

最近、お風呂で音楽を聴くのが面白いです。
持ち運べる小さいスピーカーを昔買ったのでそれで聴いてますが、
ちょっと調子が悪くなってきたのは水気のせいですかね、やっぱり。乾かせば直りますかね。
今日は自分の曲を選んで聴いてみようと思いましたが、
いつかの夢、Soft、キャンドルナイト、ノスタルジー、森のブランコ…、
やっぱり眠い時は『babaリズムの森』の曲が聴きたくなりました。
最初のCDが出来た時、自分の曲を聴くのはパワーがいるなって感じたので、
次はゆっくり聴けるものにしたいと思って、そういうコンセプトをイメージしてCDを作りましたが、
自分ではそうなってると思ってるのでそれで満足です。

でも、音楽って人それぞれ、感じ方は違いますよね。
私も「人にこういう風に感じてほしい」とか思って作ってるわけじゃないし、
そういう意図的な音楽を聴いても、ひねくれ者の私なんかはつまらないし、恥ずかしくなってきちゃいますよね~。
意図的でない音楽には、その人の味とか、良さも悪さも含めた本音とか、そういうのがにじみ出てしまうんだと思います。
そのこと自体が、その人が音楽をやる理由なのかなぁって。
誰にでもできる上手いだけの音楽だったら、自分でやる意味なんてない。
ましてや自分で作って唄うとなったらなおのことです。
「何でこれをこの人が唄ってるのか?」とか、そんな疑問を持たれて唄い続けるのは無理があるってもんです。

音楽はほんとに説明なんて要らないものなんだと思います。
ただそこにあって、その人から生まれてくる音を自由に楽しめば良いのです。

でも、相手に余計でない何かしらを感じさせるためには、やっぱり最低限の技術が必要なんですよね~。
「聴けば分かります」って言えるには、まだまだ全然ほど遠い。
babaリズムの曲やCDをどんな風に感じられたって構わないんです。ほんとに。
私はただ、安心して聴いてもらえるようになりたいです。
そこにあるだけの音楽家になれたらいいです。
  1. 2008/03/05(水) 23:59:14

素直すぎる

ALPLAYERちょこちょこ変えてすみませんが、また新しく「青空の過ごし方」も聴けるので、どうぞお楽しみ下さい。

「青空の過ごし方」は私は好きな曲なんですが、
ずっと前にこの曲を駅で唄った時、「素直すぎる」っていうご意見を頂いた通り、私の甘ったれた考え方そのままの、
その場主義的な、今が良ければ全て良しっていう、刹那的というか、そんなわがままな考え方そのままな気がします。
それを「素直すぎる」と言われてしまえばその通りなんですよね。
だけど、結局わがままになれることが私にとってはすごく幸せなんだというのもあります。
普段は人それぞれ、自分を作ったりしてしまうんですからね、
外に出たら素直な人を見る機会って実は少ないんじゃないかって思ってしまいます。
だから、ほんのちょっとした時に素直になれている自分がいて、
それをそのまま唄にしちゃった、そういう曲があっても良いですよね。
と言っても、結構その裏側の気持ちもすごく自分では大事に思ってるんですけどね。
ここら辺が自分でもよくわからないところですが。

って、こう作った曲をぼんやりとでも肯定できるまで時間がかかった気がします。
この曲を聴くと、すごく今自分のしてること、唄の中で言ってることが素直な行為だという気がしてきます。

だけど皆さんはどう感じるんでしょうね。
曲を作った後はそんなことをやっぱり考えてしまいます。
  1. 2008/03/02(日) 01:01:55

プロフィール

babaリズム

Author:babaリズム

Live Information

2013.4.28(Sun) @阿佐ヶ谷 Next Sunday

OPEN 18:30/START 19:00

ALPLAYER

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

未分類 (254)
動画 (13)

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。